スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顔のえら張りをなくすために

顔にえらが張ると顔面が広がって見え、見栄えが悪くなります。
手術によって顔のえらを切除することができますが、
手術に抵抗のある方は顔面トレーニングでもなくすことができます。

大抵の場合、顔のえら張りは咀嚼筋のコリが原因で生じます。
したがって、顔のえらの予防には、咀嚼筋の一種である外側翼突筋、
内側翼突筋、咬筋を適度にマッサージしてやることが必要です。

外側翼突筋とは、口を開閉したり、奥歯で食べ物をすり潰したり
する時に使用される筋肉、内側翼突筋とは、下顎を持ち上げたり、
奥歯で食べ物をすり潰したりする時に使用される筋肉、

咬筋とは、食べ物を咀嚼する時に使用される筋肉であり、
耳元に手を当てながら奥歯を動かした時突出する筋肉です。
咬筋のコリをほぐす方法に関しては、
左右の人差し指や中指を使って円を描くようにマッサージするようにしましょう。

スポンサードリンク


外側翼突筋や内側翼突筋に関しては、深いところに存在するため、
顔の表面上をマッサージしただけでは十分ときほぐすことができません。

したがって、外側翼突筋や内側翼突筋のコリをときほぐすには、
親指を口の中に入れ頬骨の下あたりに置き、
人差し指で外側からつまむ感じで5~6回マッサージしてやることが必要です。

顔のえら張りの予防方法の1つにボトックス注射があり、
ボトックスを咬筋に注入することで、咬筋の収縮を弱めるとともに、
咬筋自体のボリュームを少なくすることもできます。
ボトックス注射には副作用がありませんので、安心して受けることができます。


スポンサードリンク


theme : 美容・健康・アンチエイジング
genre : ヘルス・ダイエット

最新記事

おすすめ海外ドラマ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。